Project

ミャンマー医療系人材の長短期受け入れ

岡山大学におけるミャンマー医療系学部学生の短期受け入れや、
岡山大学病院でのミャンマー医療系スタッフの長短期受け入れを推進し、次世代のミャンマー医療人材を育成します。

ミャンマー医療・医学教育の質的転換を目指した学部学生の受入

ミャンマーでは、医学教育・臨床・研究に必要なインフラ欠如とともに軍事政権下の教育規制により、教員の教育・臨床・研究の能力も著しく低下している。能動的学習や深い学習が欠如しており、将来のミャンマー医療を担う医療人材の育成が極めて困難な危機的状況にある。これに対し岡山大学医療系分野は、約20年にわたり、約100名の大学院留学生や研修生を受け入れ、ミャンマーの医療や医学教育に携わる幅広い領域の医療人材の育成を実践してきた。今後は、ミャンマー医科大学の学部学生の教育にも拡大し、能動的学習能力を有する人材を育成していく。さらには、将来の医療・医学教育に資する能動的学習能力を有する人材育成により、持続的なミャンマー医療・医学教育の質的転換および保健医療の充実、そして国際的なパートナーシップの確立を目指す。

図:Sustainable Development Circle
  1. ミャンマー医科大学新3年生を岡山大学医学部3年次に実施される英語による課題解決型実践科目「基礎病態演習」に参加(3週間)
  2. 新7年生を研究実践演習「医学研究インターンシップ」に2ヶ月間参加させ、能動的学習能力および研究マインドの醸成を図る
  3. 医歯薬学総合研究科博士課程にミャンマー人留学生を受け入れ、1・2の参加学生の教育も担わせることで、屋根瓦方式を構築することで帰国後の持続的なミャンマー医療教育の質的転換を目指す。

医学系

  • 国費奨学金・JICA支援による長期留学生(正規生)の受け入れ
  • 大学病院での短期研修
  • 現地での医療連携や講演による教育活動
  • ミャンマー学部学生の短期受け入れ
    (長期留学生による学部学生の教育(屋根瓦方式))
学部学生の受け入れ

歯学系

  • 国費奨学金による長期留学生(正規生)受け入れ
  • 大学病院での短期研修
  • 現地での講演や口腔がん検診を通じての教育活動
現地での口腔がん検診と教育

薬学系

  • ミャンマー保健・スポーツ省食品医薬品局(FDA)との連携による、国費・日本製薬工業協会支援による長期留学生(正規生)受け入れ
ミャンマーFDA来岡での連携強化会議